So-net無料ブログ作成
検索選択

ジキルとハイド あらすじ ジュリアロバーツ [映画]

スポンサーリンク




有名なスティーヴンソンの小説「ジキル博士とハイド氏」を、

メイド(ジュリアロバーツ扮する)の視点から描いた小説

「メアリー・ライリー」を基にした映画です。


ジュリアロバーツと言えば、私的にはノッティングヒルの恋人が一番好きですが。



このジキルとハイドはもうご存知の方も多いと思いますが

19世紀末のロンドンが舞台です。

父親からDVを受けていたメイド(ジュリアロバーツ)が住み込み先のジキル博士に

優しくされ、好意を持ち始めていたが

ジキル博士の研究はというと

人間の善の部分を省いて、悪の部分だけにしてしまうという

恐ろしい研究だったため、

この研究によって悪の部分だけの人格を持ったハイド氏が出現

それに対して、メイドのジュリアロバーツはどんな対応をするのか。


この映画は、ジュリアロバーツも見ものですが

ジョンマルコヴィッチの演技が見もの!!

まだジキルとハイドのストーリーを知らない方は

ぜひぜひ、人間の心理の二面性をこの映画で堪能していただきたいです^^









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。